How to [A] class !!

ぷよぷよ通。指導の用途での記事では無いので情報の信憑性にはご注意を。てへぺろ☆(ゝω・)v

ていあん_形の妥協とバリエーション

-01

 

随分深いところに下書きとして眠っていたやつをそのまま放出します。

なので質問とかは1年半だか2年だかくらい前のボクに言ってください。

 

 

01

 

f:id:pyasta_46:20170117193516j:imagef:id:pyasta_46:20170117193527j:image

これ、ちゃんと置けますか?

f:id:pyasta_46:20170117193543j:image

こんな置き方、しちゃいませんか?

 

f:id:pyasta_46:20170117193604j:imagef:id:pyasta_46:20170117193613j:image

f:id:pyasta_46:20170117193631j:imagef:id:pyasta_46:20170117193635j:image

抵抗無く置けますか?

 

ある程度以上に連鎖を組めるようになったら、折角引き出しにあるのなら、それらを避けるのは少し勿体無いわけです。多少の優先順位はあれど、形を拘りすぎてしまうのは手順の悪化に繋がります。

 

 

02

 

2つめの例に関して、ちょっとチラ裏。

自分含め、後折り主体の人の7-8割くらいが「連鎖尾を2色+上から落とす」という感じで無意識に考えてしまいがちな気がします。

そうするとこの辺の形とかをスルーしちゃうのかなって

f:id:pyasta_46:20170117194405j:imagef:id:pyasta_46:20170117194505j:image

 

形をこだわりすぎてツモが噛み合わなくて崩壊する、なんてことを避けるためにしっかりと妥協することが大事なんでしょう。

ただもちろん2択でこっちを取る、みたいな優先順位はあった方が良いはずですし、形を妥協どころか適当にしすぎてしまうとそれはそれでアウトです。ギリギリの線引きを上手く取ることが大事ですね!

形の不安定さは安定させようとする弱さにありそうです。