How to [A] class !!

ぷよぷよ通。指導の用途での記事では無いので情報の信憑性にはご注意を。てへぺろ☆(ゝω・)v

つれづれ_雑記(10/11)

01

 

ただの走り書きです

 

最高点を犠牲にしてでも最低点を上げるっていう方策はやっぱり手っ取り早いけどロマンはボクには感じられない

個人的には最高打点を出して、まあようはできる限り脳みそを搾って搾りきって最後の一滴まで出し尽くしてって試合がしたい

当然搾りすぎて零してしまったら0点、あるいはそれ相応に低い点数になるハメになる

それを嫌って60-80点を狙いにいく、たまに90点くらいツモが良ければ出るねってのも妥当っちゃあ妥当

でも今の自分はそれでは不服に思うようになってしまった 勝ち星をあげるだとか、番狂わせをするだとか、そこに感じるロマンが薄くなってしまったのかもしれない

最高点が出なくてもいいから最低点を上げるって考え方はすごく理にかなっているとは思う。でも満足いかない身体になってしまった

 

最高点を犠牲に最低点を上げるって表現だとちょっと変かも

「妥協を許して頭のリソースをあけるようにする」考え方・意識、って書いた方が良いのかな

 

 

土台手順を変えて柔軟性を上げて、それに相応しないレベルで難易度が上がって、処理しきれなくなって立ち行かなくなることが増えてきた

それでも今の方がこのゲームを芯から楽しめている実感はある。

 

とはいえ、やはり負けると悔しいって気持ちも幸か不幸か喪われてはいなくて

数ヶ月・数年単位ってほど長期的な目で見たい自分と、目の前で短期的な成果を出したい焦る自分とがせめぎ合ったりもする

最近は前者が大きく勝ることが増えてきたってだけのことなのかもしれない

 

まあ結局楽しめることが一番大事で、楽しめているからこそ上達するっていう所は変わらないから、

変わらないからこそ安定感が前にも増して無くなってしまった今の状態でも何とも思わないんだと考えられるよね

連戦であれば勝ちに執着するっていう姿勢は当然変わらないんだけど、でもやっぱり長期的にもっと構えてやっていこうかなって部分が強い

それが「負けてもいい言い訳」になっていないバランスで落ち着いているから丁度良い

ここの均衡がもし崩れてしまった時は、「勝ちへの執着」または「長い目で見た成長」のどちらかを思い出すようにしたい

バランスが取れている状態こそがやっぱりモチベーションを保ちやすくて、楽しめていてっていうコンディションなのだと思う

 

 

オチも無ければ主張もなく、ネガティブでもポジティブでもなく、讒謗でも称賛でもなく、教示でも矜持でもなく、あるいは何か思うところがある訳でもないんだけど、

でもこういうことは纏めておくとスッキリするし、もしかしたら後で自分を見失ったときに旗印になるかもしれないということで、これをそのまま吐き捨てるように投稿しておいておきます